2012年度国際法ゼミ

  • ゼミ一同全員集合
    本年度のゼミをフォトアルバムで紹介していきます。

2011年度国際法ゼミ

  • 卒業式の日に(2012年3月25日)
    東日本大震災の直後の2011年4月から緊張した状態で始まったゼミでしたが、進むにつれて打ち解けていきました。最終的なゼミ論の完成まで頑張りました。

2010年度国際法ゼミ

  • 2010年ゼミ卒業記念アルバム写真
    2010年度の法学部国際法専門ゼミのアルバムです。 3,4年合同なので、人数は30人になります。これまでのゼミで最も大人数となりました。

2009年度法学部国際法ゼミ

  • 記念撮影
    共通テーマ「国際人権・人道秩序の再構築」

2008年度国際法ゼミ

  • 北村ゼミ全員集合
    2008年度中央大学法学部国際法ゼミの紹介 「国際人権・人道秩序の再構築をめざして」

2007年度国際法ゼミ

  • クリスマスの季節・忘年会後
    国際法ゼミ(2007年度)の紹介アルバムです。

2006年度国際法ゼミ

  • 2006年度のゼミ生集合写真(2)
    2006年度国際法ゼミのアルバムです。

熊本紀行

  • ライトアップに照らし出される熊本城
    2009年9月14日から19日まで、熊本大学法学部にて集中講義(国際人権論)を行いました。 2011年1月21日、22日に所用のため熊本大学を訪れました。

« 2011年8月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年11月

2011年11月 8日 (火)

国際人権法学会に行ってきました。

1.日程

 11月5日(土曜日)と6日(日曜日)の両日、国際人権法学会の研究大会が北海道大学にで開催されました。

 4日の午後に羽田を発ち夕方に千歳空港に到着。その日の夜は、合同委員会。
 5日の朝10時から夕方まで研究大会でした。夜は懇親会。続く、6日の日曜日も同じく朝10時から午後まで開催されました。

2.テーマ

 今回の学会の統一テーマは、「国内裁判所による人権救済と憲法上の人権・人権条約上の人権ー個人通報制度への参加を視野に入れて」でした。副題に含まれている個人通報制度とは、自由権規約の選択議定書や女性差別撤廃条約選択議定書などに定められている個人通報制度のことです。

 個人通報制度を受け入れることによって、国内の人権救済手続(裁判等)によって人権が救済されない場合に、当該個人は、条約上の監視機関による審査を請求する道が開かれます。

 例えば、非嫡出子の相続分について嫡出子の2分の1と定めている民法900条4項の規定は、憲法14条および国際人権条約に定める「法の下の平等」に違反するなどという主張に対して、最高裁の多数意見は、憲法に違反しないという解釈を示しています。ところが、この点については、既に自由権規約委員会は、1993年11月、日本政府の報告書審査の結論において、「規約第2条、第24条及び第26条の規定に一致するように、婚外子に関する日本の法律が改正され、そこに規定されている差別的な条項を削除」するよう勧告しました。したがって、もしわが国最高裁が憲法判断を維持したまま(民法を改正しないまま)、個人通報制度を批准すれば、この問題を個人通報制度の下で再度、人権規約に違反するかどうかが問題となりうるでしょう。

 わが国ま未だこれらを受諾していませんが、民主党のマニュフェストにその批准が謳われていました。したがって、いずれわが国も受け入れることになった場合を視野に入れて、憲法および人権条約の実体規定をどのように解釈、適用する必要があるのかが当面の関心となるでしょう。自由権規約第1選択議定書は、114ヵ国により既に批准されています。アジアでは、お隣の韓国やフィリッピンが批准しています。

3.報告

 5日の午前中の報告では、自由権規約委員会の規約解釈の法的性格、ヨーロッパ人権裁判所の判例の国内的効力等についての報告がありました。午後には、北海道に縁のある裁判例として、二風谷ダム事件判決などを通じて、わが国の裁判所における人権条約の解釈適用の方法等についての報告が行われました。

 今回のテーマは、特に国内裁判所による人権条約の解釈と憲法の人権規定と関係などについて興味ある報告が続き、有意義な研究大会でした。

4.余談―旧北海道庁と北大キャンパスの紅葉

 土曜日( 5日)の朝は小雨模様でしたが、ホテルから歩いて北大に向かう途中に旧北海道庁の赤煉瓦庁舎の前を通りました。天候の関係で赤煉瓦もややくすんで見えましたが、デジカメで写真におさめましたものをアップしておきます。写真をクリックすると拡大します。

Sn3j0261s_2

北大構内の紅葉のシーズンは終盤にさしかかっていましたが、まだ紅葉の盛りの木々も残っていました。図書館前の記念碑と背景の紅葉をデジカメで撮りました。 
 
 

Sn3j0269s_2

キャンパスのメインストリート(?)の銀杏並木が黄色に色づいていました。自然と見事に調和したキャンパスでした。
 

Sn3j0273s

 

« 2011年8月 | トップページ | 2012年2月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カンボジア・集団殺害(ジェノサイド)博物館(Genocide Museum)

  • 供養塔
    カンボジア、プノンペンのジェノサイド博物館の写真  1975年~1979年にかけてカンボジアを支配していたクメール・ルージュ(赤いクメール)政権の下では、現代史上にもまれなジェノサイドが行われ、約170万人の犠牲者を出したと言われている。人道に対する罪を犯した虐殺の責任者を処罰するために、国連とカンボジア司法当局との共同により設置された特別法廷において裁判がようやく開始された。  この裁判では、ポルポト政権の責任者が訴追されようとしている。国際人権・人道法の実施が、果たして確保されるのかどうか、この裁判の行方に注目していきたい。  この博物館は、当時、多数の政治犯等を捕らえ、拷問の上、殺害を実行した場所である。決して物見遊山で訪れるような場所ではない。しかし、かつての忌まわしい行為の実態を知ることにより、人間の愚かさを顧みる意味はあるだろう。 ※一部に凄惨な写真があります。ご留意ください。

ウェブページ