2012年度国際法ゼミ

  • ゼミ一同全員集合
    本年度のゼミをフォトアルバムで紹介していきます。

2011年度国際法ゼミ

  • 卒業式の日に(2012年3月25日)
    東日本大震災の直後の2011年4月から緊張した状態で始まったゼミでしたが、進むにつれて打ち解けていきました。最終的なゼミ論の完成まで頑張りました。

2010年度国際法ゼミ

  • 2010年ゼミ卒業記念アルバム写真
    2010年度の法学部国際法専門ゼミのアルバムです。 3,4年合同なので、人数は30人になります。これまでのゼミで最も大人数となりました。

2009年度法学部国際法ゼミ

  • 記念撮影
    共通テーマ「国際人権・人道秩序の再構築」

2008年度国際法ゼミ

  • 北村ゼミ全員集合
    2008年度中央大学法学部国際法ゼミの紹介 「国際人権・人道秩序の再構築をめざして」

2007年度国際法ゼミ

  • クリスマスの季節・忘年会後
    国際法ゼミ(2007年度)の紹介アルバムです。

2006年度国際法ゼミ

  • 2006年度のゼミ生集合写真(2)
    2006年度国際法ゼミのアルバムです。

熊本紀行

  • ライトアップに照らし出される熊本城
    2009年9月14日から19日まで、熊本大学法学部にて集中講義(国際人権論)を行いました。 2011年1月21日、22日に所用のため熊本大学を訪れました。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

キャンベラ(オーストラリア)にて

Canberra01_31.2月17日以来、キャンベラのオーストラリア国立大学に短期滞在中です。オーストラリアは今回が初めての訪問です。
 短期の滞在ですが何しろ広大な国なので、東京と比べると交通システムが車中心になっているので全く異なる環境です。
 キャンベラは1911年に建設が始まった新しい人工都市です。すべてが都市計画に従って作られているため、まるで公園の中に町があるような環境です。

2.上の写真は、郊外のエィンズリー(Ainslie)山から望む国会議事堂(Parliament House)です。滑走路のように見えるのは、手前の戦争博物館前のアンザック・パレード(Anzac Prade)です。アンザックは、オーストラリアとニュージーランドの連合軍を指す言葉です。滑走路のような大通りの両側にはオーストラリアとニュージーランドがかつて参加した戦争へのモニュメントが並んでいます。

Canberra02_3Canberra02_53.また、当地の標準英語は、todayがトゥダイになるような特徴があり、慣れるまでやや時間がかかります。
 環境が異なると発想も刺激され、日本(東京)に居ては気がつかないような事柄にも触れることができるような気がします。

4.上は、国会議事堂です。この建物の特徴は屋上に芝生が植えてあり、見学者(国民)が屋根に登れることです。その屋根には四本の支柱に支えられた国旗掲揚塔が建っています。てっぺんにはオーストラリアの国旗が翻っているという仕掛けです。

5.今日(2月27日)は、与党労働党内のリーダーシップを巡りジュリア・ギラード首相とケビン・ラッド元外相との間で与党の議員投票が行われ、ギラード首相が大差でその地位を保持しました。

 政権与党内のリーダーシップを巡ってどろどろとした対立抗争が続いているのは、英国型の議員内閣制(ウェストミンスター・モデル)を採用している国の特徴でしょうか。この混戦を受けて、オーストラリアでも首相公選制または大統領制を採用したらどうかなどという意見もあるようです。これもどこかの国でも取り上げられつつある議論ですが。

 ギラード首相は党内での支持基盤は安定したようです。ギラード首相は、美人ともいわれてますが、議会での党首討論などの模様を見ているとかつて英国の「鉄の女(Iron Lady)」といわれたマーガレット・サッチャー元首相を彷彿させる堅固な政治家です。

6.三題噺のようですが、サーチャー元首相といえば、映画「アイアン・レイディ」でサッチャー元首相の生涯を演じたメリル・ストリープが今日の米国アカデミー賞の授賞式で主演女優賞を獲得しましたね。今回、オーストラリアにくるカンタス航空の飛行機の中で見ました。やや退屈な内容ですが、彼女の演じるマーガレット・サッチャーは、顔かたちから話し方まで実に本物そっくり。これには本当に驚きました。

 
  

2012年2月17日 (金)

久しぶりの更新です

日常であまり変わったこともないせいか、更新がとどこおりがちです。
ちょっと遠くまで来たので、記念に記事をアップしておきます。
昨日の成田空港は寒かったけれど、9時間の飛行で南半球にやって来ました。
着いたばかりです。シドニー空港にて国内線の待ち合わせ中。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年3月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カンボジア・集団殺害(ジェノサイド)博物館(Genocide Museum)

  • 供養塔
    カンボジア、プノンペンのジェノサイド博物館の写真  1975年~1979年にかけてカンボジアを支配していたクメール・ルージュ(赤いクメール)政権の下では、現代史上にもまれなジェノサイドが行われ、約170万人の犠牲者を出したと言われている。人道に対する罪を犯した虐殺の責任者を処罰するために、国連とカンボジア司法当局との共同により設置された特別法廷において裁判がようやく開始された。  この裁判では、ポルポト政権の責任者が訴追されようとしている。国際人権・人道法の実施が、果たして確保されるのかどうか、この裁判の行方に注目していきたい。  この博物館は、当時、多数の政治犯等を捕らえ、拷問の上、殺害を実行した場所である。決して物見遊山で訪れるような場所ではない。しかし、かつての忌まわしい行為の実態を知ることにより、人間の愚かさを顧みる意味はあるだろう。 ※一部に凄惨な写真があります。ご留意ください。

ウェブページ