2012年度国際法ゼミ

  • ゼミ一同全員集合
    本年度のゼミをフォトアルバムで紹介していきます。

2011年度国際法ゼミ

  • 卒業式の日に(2012年3月25日)
    東日本大震災の直後の2011年4月から緊張した状態で始まったゼミでしたが、進むにつれて打ち解けていきました。最終的なゼミ論の完成まで頑張りました。

2010年度国際法ゼミ

  • 2010年ゼミ卒業記念アルバム写真
    2010年度の法学部国際法専門ゼミのアルバムです。 3,4年合同なので、人数は30人になります。これまでのゼミで最も大人数となりました。

2009年度法学部国際法ゼミ

  • 記念撮影
    共通テーマ「国際人権・人道秩序の再構築」

2008年度国際法ゼミ

  • 北村ゼミ全員集合
    2008年度中央大学法学部国際法ゼミの紹介 「国際人権・人道秩序の再構築をめざして」

2007年度国際法ゼミ

  • クリスマスの季節・忘年会後
    国際法ゼミ(2007年度)の紹介アルバムです。

2006年度国際法ゼミ

  • 2006年度のゼミ生集合写真(2)
    2006年度国際法ゼミのアルバムです。

熊本紀行

  • ライトアップに照らし出される熊本城
    2009年9月14日から19日まで、熊本大学法学部にて集中講義(国際人権論)を行いました。 2011年1月21日、22日に所用のため熊本大学を訪れました。

« CIAによるレンディション事件をヨーロッパ人権裁判所が審理 | トップページ | タイ人逃亡容疑者の逮捕に関して »

2012年5月31日 (木)

チャールズ・ティラー元リベリア大統領に50年の拘禁刑判決

1.シエラレオネ特別法廷とは

 西アフリカの小国であるシエラレオネは、1990年代から2002年ごろまで内戦が続いていた。その間に行われた残虐、非人道的な行為を処罰するために国連の支援を受けて「シエラレオネ特別裁判所」が設置されている。同裁判所は、5月30日に戦争犯罪などで起訴されていたチャールズ・ティラー(Charles Taylor)元リベリア大統領に対して50年の拘禁刑(禁錮刑)を言い渡した。

2.チャールズ・テイラー元大統領に対する訴追理由

 シエラレオネの隣国であるリベリアのティラー元大統領は、1990年代後半に続いたシエラレオネ内戦の反政府武装勢力の一つである「革命統一戦線」(Revolutionary United Front)に対して武器を提供することにより支援し、介入したことが問われていた。シエラレオネ内戦時代の人道上の犯罪、戦争犯罪を裁くために設置された特別法廷は、ティラー元大統領に対してテロリズム、殺人、強姦、虐待の他、少年兵を徴募し使用したことにより非人道的行為などの11の容疑で訴追されていた。2359頁にも及ぶ長大な判決は、同裁判所のホームページからダウンロードすることができる。

3.内戦への関与

特にティラー元大統領は、国際社会の信頼を裏切る形で内戦に介入し、武器提供の見返りとしてダイヤモンドを手に入れ私腹を肥やしたされる行為が量刑の判断において加重的な要素になっているようだ。シエラレオネ内戦とダイヤモンド取引との関係については、レオナルド・デカプリオ主演のハリウッド映画「ブラッド・ダイヤモンド」でも話題となった。

3.ダイヤモンド取引との関係

公判の過程では、スーパー・モデルのナオミ・キャンベルさんが検察側証人として出廷したりしたことも話題となった(このブログでもとりあげた)。キャンベルさんは、ティラー被告人からダイヤモンドの原石を譲り受けたことがあるかどうかを問われたものである。もちろん知らずに譲り受けたこと自体は罪にはならないだろうが、それが事実であればティラー被告人がダイヤモンド原石を所持していたかどうかの重要な証言となる。キャンベルさんの証言は判決文(5368段)でも証明の一部として援用されている。

4.判決の意義

ティラー元大統領に対する今回の判決の意義は、たとえ国家の大統領(元首)であっても、戦争犯罪、人道上の犯罪に該当する行為を犯せばその責任は必ず問われるべきことを実際に確認したことであろう。ただし、64歳の元大統領に対して50年の拘禁刑判決は、実質的に終身刑も同様であり、厳しすぎると弁護側は主張している。したがって、控訴する方針と伝えられている。だが、ティラー元大統領の行ったことは、いわば隣家の火災に際して、薪(たきぎ)をくべたり油をかける行為と同じことのようである。人間のする行為ではない。この判決によっても、シエラレオネ内戦によって失われた多数の命が蘇ることはなく、心身の障害が癒やされる訳でもない。しかし、将来発生する残虐行為に対する警鐘とはなるだろう。

4.国際刑事法廷の実効性確立に向けて

国際社会には、常設的な国際刑事裁判所(ICC)を初めとして、旧ユーゴ国際刑事裁判所、ルワンダ国際刑事裁判所の他、シエラレオネ特別法廷のような混合裁判所も設置されている。カンボジアのクメールルージュの指導者を訴追しているカンボジア特別法廷も混合裁判所の一つである。今年になってから、これらの国際刑事法廷による注目すべき判決が続いている。

すなわち、国際刑事裁判所(ICC)は、3月14日にコンゴ・民主共和国のルバンガ被告人に対して少年兵を徴募し、戦争に駆り立てたことなどにより有罪判決を言い渡したばかりである。カンボジア特別裁判所も2月にS21政治犯収容所の元所長に対して有罪判決を2月に下したところである。植えた種が開花し、やがて実を付けるように、これまでの国際刑事法廷の設置をめぐる長い努力がようやく報われる結果を迎えているといえるだろう。

シエラレオネ特別裁判所のホームページ
http://www.sc-sl.org/

« CIAによるレンディション事件をヨーロッパ人権裁判所が審理 | トップページ | タイ人逃亡容疑者の逮捕に関して »

国際刑事法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198683/54842419

この記事へのトラックバック一覧です: チャールズ・ティラー元リベリア大統領に50年の拘禁刑判決 :

« CIAによるレンディション事件をヨーロッパ人権裁判所が審理 | トップページ | タイ人逃亡容疑者の逮捕に関して »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カンボジア・集団殺害(ジェノサイド)博物館(Genocide Museum)

  • 供養塔
    カンボジア、プノンペンのジェノサイド博物館の写真  1975年~1979年にかけてカンボジアを支配していたクメール・ルージュ(赤いクメール)政権の下では、現代史上にもまれなジェノサイドが行われ、約170万人の犠牲者を出したと言われている。人道に対する罪を犯した虐殺の責任者を処罰するために、国連とカンボジア司法当局との共同により設置された特別法廷において裁判がようやく開始された。  この裁判では、ポルポト政権の責任者が訴追されようとしている。国際人権・人道法の実施が、果たして確保されるのかどうか、この裁判の行方に注目していきたい。  この博物館は、当時、多数の政治犯等を捕らえ、拷問の上、殺害を実行した場所である。決して物見遊山で訪れるような場所ではない。しかし、かつての忌まわしい行為の実態を知ることにより、人間の愚かさを顧みる意味はあるだろう。 ※一部に凄惨な写真があります。ご留意ください。

ウェブページ