2012年度国際法ゼミ

  • ゼミ一同全員集合
    本年度のゼミをフォトアルバムで紹介していきます。

2011年度国際法ゼミ

  • 卒業式の日に(2012年3月25日)
    東日本大震災の直後の2011年4月から緊張した状態で始まったゼミでしたが、進むにつれて打ち解けていきました。最終的なゼミ論の完成まで頑張りました。

2010年度国際法ゼミ

  • 2010年ゼミ卒業記念アルバム写真
    2010年度の法学部国際法専門ゼミのアルバムです。 3,4年合同なので、人数は30人になります。これまでのゼミで最も大人数となりました。

2009年度法学部国際法ゼミ

  • 記念撮影
    共通テーマ「国際人権・人道秩序の再構築」

2008年度国際法ゼミ

  • 北村ゼミ全員集合
    2008年度中央大学法学部国際法ゼミの紹介 「国際人権・人道秩序の再構築をめざして」

2007年度国際法ゼミ

  • クリスマスの季節・忘年会後
    国際法ゼミ(2007年度)の紹介アルバムです。

2006年度国際法ゼミ

  • 2006年度のゼミ生集合写真(2)
    2006年度国際法ゼミのアルバムです。

熊本紀行

  • ライトアップに照らし出される熊本城
    2009年9月14日から19日まで、熊本大学法学部にて集中講義(国際人権論)を行いました。 2011年1月21日、22日に所用のため熊本大学を訪れました。

« 2012年10月 | トップページ | 2013年6月 »

2012年11月

2012年11月27日 (火)

晩秋の晴天の日に

2012_1127_takahatahudo_00_2昨日の雨もやんで、今日は朝から晴天でした。

午前中に多摩キャンパスまで行く用事があるので、ついでに高幡不動の紅葉をカメラに納めようかと思い立ちデジカメを鞄にしまい込んで出かけました。

まずは高幡不動のシンボルタワーを一枚。パチリ。(写真をクリックすると拡大します)朱色の五重の塔が青い空に映えていました。

2012_1127_takahatahudo_061_4高幡不動の裏山の自然道は88カ所巡りのお遍路道になっています。ちょっと歩いて登ってみることにしました。

登ると言っても、40~50mほどの小高い丘程度なので、5分も歩くと頂上付近までいけます。昔は、ここに山城が築かれていたそうです。

丹沢山系の山の後ろに白く雪化粧をした富士山がちらりと顔をのぞかせています。木立が邪魔してなかなか撮影ポジションが決まりません。

2012_1127_takahatahudo_02次に東の方向にレンズを構えると、西新宿の高層ビル群と東京スカイツリーまで見渡すことができました。

同じ場所で富士山とスカイツリーが見渡せるというのも、なかなか貴重な場所です。

その昔には、ここに「高幡城」という山城があったというのもうなずけます。見晴らしがすごくよいのです。戦略の要衝という訳ですね。攻めてきた敵勢の動きをいち早く察知することができるのでしょう。

2012_1127_takahatahudo_01_2

山道には紅葉(もみじ)が陽に映えて輝いて見えました。

2012_1127_takahatahudho_04

こちらは第80番目の地蔵尊。

赤い毛糸の帽子がお似合いです。

« 2012年10月 | トップページ | 2013年6月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カンボジア・集団殺害(ジェノサイド)博物館(Genocide Museum)

  • 供養塔
    カンボジア、プノンペンのジェノサイド博物館の写真  1975年~1979年にかけてカンボジアを支配していたクメール・ルージュ(赤いクメール)政権の下では、現代史上にもまれなジェノサイドが行われ、約170万人の犠牲者を出したと言われている。人道に対する罪を犯した虐殺の責任者を処罰するために、国連とカンボジア司法当局との共同により設置された特別法廷において裁判がようやく開始された。  この裁判では、ポルポト政権の責任者が訴追されようとしている。国際人権・人道法の実施が、果たして確保されるのかどうか、この裁判の行方に注目していきたい。  この博物館は、当時、多数の政治犯等を捕らえ、拷問の上、殺害を実行した場所である。決して物見遊山で訪れるような場所ではない。しかし、かつての忌まわしい行為の実態を知ることにより、人間の愚かさを顧みる意味はあるだろう。 ※一部に凄惨な写真があります。ご留意ください。

ウェブページ