2012年度国際法ゼミ

  • ゼミ一同全員集合
    本年度のゼミをフォトアルバムで紹介していきます。

2011年度国際法ゼミ

  • 卒業式の日に(2012年3月25日)
    東日本大震災の直後の2011年4月から緊張した状態で始まったゼミでしたが、進むにつれて打ち解けていきました。最終的なゼミ論の完成まで頑張りました。

2010年度国際法ゼミ

  • 2010年ゼミ卒業記念アルバム写真
    2010年度の法学部国際法専門ゼミのアルバムです。 3,4年合同なので、人数は30人になります。これまでのゼミで最も大人数となりました。

2009年度法学部国際法ゼミ

  • 記念撮影
    共通テーマ「国際人権・人道秩序の再構築」

2008年度国際法ゼミ

  • 北村ゼミ全員集合
    2008年度中央大学法学部国際法ゼミの紹介 「国際人権・人道秩序の再構築をめざして」

2007年度国際法ゼミ

  • クリスマスの季節・忘年会後
    国際法ゼミ(2007年度)の紹介アルバムです。

2006年度国際法ゼミ

  • 2006年度のゼミ生集合写真(2)
    2006年度国際法ゼミのアルバムです。

熊本紀行

  • ライトアップに照らし出される熊本城
    2009年9月14日から19日まで、熊本大学法学部にて集中講義(国際人権論)を行いました。 2011年1月21日、22日に所用のため熊本大学を訪れました。

« 2012年11月 | トップページ

2013年6月

2013年6月27日 (木)

ドイツのトリーアにて

1.ストラスブールのセミナーを終えて,23日からは,ドイツのトリーア(Trier)という街に短期滞在中である。

 

2.この街の歴史は,ローマ時代にまでさかのぼる。ドイツで最も古い街として知られているが,日本人はほとんどなじみのないところのようだ。

 

3.ルクセンブルクにも近いこともあって,当地には「ヨーロッパ法アカデミー」(Academy of European Law)という機関が置かれている。この機関は,EU法の諸問題に関するEU各国の法律専門家,つまり裁判官,検察官,弁護士をはじめ,警察及び関係諸官庁の職員等の研修施設として機能している。

 

4.624日から28日までの5日間にわたって,EU刑事司法に関するサマーコースが実施されている。50名ほどの各国からの専門家に混じって,コースに参加している。EU刑事司法の諸問題に関する講演,ディスカッション,グループ討論のような形で進められていて,興味が尽きない。

 

5.ストラスブールの拘禁問題セミナーと同様に,EU刑事司法に関するサマーコースという企画もEUとその加盟国がEUの刑事司法協力体制の構築と関係立法がめざましく展開していく状況を背景に,専門家の研修を充実させるために実施されているのであろう。

 

6.今日は,ルクセンブルクのEU裁判所(Court of Justice of the European Union)まで40分ほどの間バスに揺られて,法廷の見学と審理の模様を傍聴してきた。実際のEU裁判所(一般裁判所)の法廷で訴訟当事者の弁論の模様を間近にするのは初めてであった。非常に貴重な経験であった。午後は,EUにおける捜査共助体制に関する講演が続いた。


7.このサマーコースで扱われている,EU刑事司法,特に,ヨーロッパ逮捕状(European Arrest Warrant)の実施に関わる問題については,現在論文を執筆中であり,その意味からも,大いに勉強になっている。


P1000770ss

P1000902ss

写真上,参加者記念撮影

写真下,ヨーロッパ法アカデミ(ERA)ーの看板

2013年6月25日 (火)

ストラスブールでの拘禁問題に関するセミナー

1619日の朝945分発のルフトハンザ航空,フランクフルト行きの便にて成田を発って,同日の夕刻8時にフランスのストラスブール駅前に到着した。

 

2.翌,620日,21日の2日にわたって,当地において拘禁問題に関するセミナーに参加した。英国,ノッチンガム大学のデレク・ヴァン・ズィル・シュミット教授の基調報告に始まり,ヨーロッパ人権裁判所のデ・グアテノ判事の講演,さらにNGO,イギリス,フランス,ポーランドなどのヨーロッパ各国の刑事専門弁護士,ドイツの裁判官などの実務家の報告が続き,様々な視点から議論がなされた。

 

3.拘禁問題は,ヨーロッパ諸国の間では,ヨーロッパ逮捕状の制度が2002年に制定されて以後,国境を越えて,被疑者,被告人の拘禁が行われるようになった。

 

4たとえば,イギリス人のX氏がポルトガルに滞在中の犯罪行為(たとえば,窃盗や詐欺など比較的に起こりうる事件)を理由に,イギリス帰国後にポルトガル当局により発給された逮捕状により,自国民の身柄の引き渡しを請求されるような事件が日常的に起こるようになった。この場合,英国当局は,Xの身柄を確保して,ポルトガルを引き渡す義務を負うことになる。

 

5.こうした事案が多発すれば,いずれの国も自国民である被疑者,被告人が他国において刑事裁判手続き上の諸権利を全うに保障されるかどうかについて,無関心ではいられなくなる。もちろん,自国民を保護することだけが目的ではなく,国境にかかわらず,ヨーロッパにおける刑事手続き上の諸権利の保障が目的ではあるが。

 

6.具体的には,通訳の確保,被疑者の処遇,勾留施設の環境,長期にわたる起訴前勾留期間の問題,被疑者・被告人が弁護士の援助を受ける権利,量刑の均衡性の問題等,問題は山積している。

 

7.このような問題を背景に,現在,EUを中心にして,被疑者,被告人の刑事手続き上の諸権利に関する共通の基準を打ち立てようとしている。具体的には,刑事司法分野における「指令」(directives)の採択がすでに部分的に行われて,さらにより多くの問題に関する指令の採択が課題となっている。

 

8.これまで,EU諸国は,刑事手続問題や被拘禁者の人権問題には,取り組みが行われていなかったが,2009年末のリスボン条約の発効以後,急速にこの分野での動きが活発化している。犯罪は国境を越えて行われるというだけでなく,自由に国境を越えて人が移動するようになれば,刑事手続き上の諸権利の確保も,当然に国境を越えた関心の対象となる,ということになるのだろう。

P1000489

 

(上掲写真は,ライトアップに映えるストラスブールの大聖堂)

« 2012年11月 | トップページ

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カンボジア・集団殺害(ジェノサイド)博物館(Genocide Museum)

  • 供養塔
    カンボジア、プノンペンのジェノサイド博物館の写真  1975年~1979年にかけてカンボジアを支配していたクメール・ルージュ(赤いクメール)政権の下では、現代史上にもまれなジェノサイドが行われ、約170万人の犠牲者を出したと言われている。人道に対する罪を犯した虐殺の責任者を処罰するために、国連とカンボジア司法当局との共同により設置された特別法廷において裁判がようやく開始された。  この裁判では、ポルポト政権の責任者が訴追されようとしている。国際人権・人道法の実施が、果たして確保されるのかどうか、この裁判の行方に注目していきたい。  この博物館は、当時、多数の政治犯等を捕らえ、拷問の上、殺害を実行した場所である。決して物見遊山で訪れるような場所ではない。しかし、かつての忌まわしい行為の実態を知ることにより、人間の愚かさを顧みる意味はあるだろう。 ※一部に凄惨な写真があります。ご留意ください。

ウェブページ