2012年度国際法ゼミ

  • ゼミ一同全員集合
    本年度のゼミをフォトアルバムで紹介していきます。

2011年度国際法ゼミ

  • 卒業式の日に(2012年3月25日)
    東日本大震災の直後の2011年4月から緊張した状態で始まったゼミでしたが、進むにつれて打ち解けていきました。最終的なゼミ論の完成まで頑張りました。

2010年度国際法ゼミ

  • 2010年ゼミ卒業記念アルバム写真
    2010年度の法学部国際法専門ゼミのアルバムです。 3,4年合同なので、人数は30人になります。これまでのゼミで最も大人数となりました。

2009年度法学部国際法ゼミ

  • 記念撮影
    共通テーマ「国際人権・人道秩序の再構築」

2008年度国際法ゼミ

  • 北村ゼミ全員集合
    2008年度中央大学法学部国際法ゼミの紹介 「国際人権・人道秩序の再構築をめざして」

2007年度国際法ゼミ

  • クリスマスの季節・忘年会後
    国際法ゼミ(2007年度)の紹介アルバムです。

2006年度国際法ゼミ

  • 2006年度のゼミ生集合写真(2)
    2006年度国際法ゼミのアルバムです。

熊本紀行

  • ライトアップに照らし出される熊本城
    2009年9月14日から19日まで、熊本大学法学部にて集中講義(国際人権論)を行いました。 2011年1月21日、22日に所用のため熊本大学を訪れました。

授業のこと

2011年8月 6日 (土)

法学部・ゼミ合宿(新潟県・津南町にて)

P1010323_web_l 8月3日から2泊3日でゼミ合宿に行ってきました。場所は、新潟県津南町のニューグリーンピア津南という宿泊施設です。新宿から直行バスで4時間くらいかかります。でも、バスに乗ってしまえば乗り換えもなく、宿舎の玄関先まで付けてくれので楽でした。

 
 新潟県中越地方の豪雨が心配されましたが、宿舎の周辺はほとんど被害はなかったようです。幸いにして合宿期間中は好天にも恵まれました。

 
 合宿の内容は、(1)模擬国連安保理、(2)安楽死事件に関する模擬裁判、それに(3)貿易ゲームという一種のシュミレーションゲームを行うなど、盛りだくさんの充実したゼミ合宿となりました。

 (1)の模擬国連安保理では、国連のリビア介入をヒントとして、人道的介入の是非をめぐり各常任理事国の立場で制裁案の是非を巡って討議を繰り広げ、最終的な決議案の採択を目指すまでの国際法上の問題を理解することを目的とするものです。

 (2)の模擬裁判では、日本では認められていない安楽死問題を背景として、安楽死が認められるべきかどうかをめぐって弁護側と検察側の意見を陳述し、最後には裁判員裁判形式により判決を下すものです。

 (3)の貿易ゲームは、アメリカ、日本、インド、サウジアラビア、アフガニスタンなどの国に別れて、資源の多寡、技術力、人口などの様々な所与の条件の下で、自国の繁栄を目指すためには、貿易交渉、外交戦術を駆使しながらいかなる戦略的施策をとるべきかを実際的かつ体験的に考えるシュミレーション・ゲームです。
 
P1010322_web_s_3

 8月4日の午後は、津南町の「ひまわり広場」に行ってきました。おそらく先週の豪雨がなければもっとひまわりが咲きそろっていたのかも知れませんが、まずはお約束の満開のひまわを背景に記念写真とあいなりました。

 【おまけ】 「ぶよ」(ぶゆ)にご注意。

 宿泊先近辺の自然環境は、大変すばらしいのですが、私をはじめ何人かの学生がぶよに刺されました。痛み、かゆみは蚊の比ではありません。帰ってから皮膚科に行ったら、デルモベード・クリームというステロイド剤を処方されました。非常に強い薬です。

 

2011年1月19日 (水)

横田洋三先生退職記念シンポジウムの開催

 1月15日(土曜日)の14時より横田洋三先生退職記念シンポジウムが、中央大学法科大学院において開催されました。横田先生は、2001年に東京大学から中央大学に転任なされ、それ以来中央大学法学部教授として、また2004年の法科大学院創設以後は法務研究科教授として、国際法関連科目を担当、教授されてきました。

P1000760  このほど2011年3月をもってご定年退職されるに当たって、横田先生を中心とするシンポジウムを企画した次第です。定期試験前の忙しい時期にもかかわらず、熱心な法科大学院の学生及び横田先生とのつながりの深い学会関係者等が90名ほど参加しました。私自身は、司会の役割を担当しました。

 シンポジウムでは、まず福原法務研究科長の挨拶に続き、横田先生ご自身により基調講演が行われました。演題は「日本の法実務における国際法の意義と役割」についてです。

 約60分の基調講演の後は、パネリストとして、折田正樹先生(中央大学法学部教授)、林陽子先生(弁護士)、柏木昇先生(中央大学法務研究科教授)の3人の著名な方々を招き、それぞれの立場からコメントを頂き、その後、参加者も交えて活発な質疑が行われました。終了したのは、17時半ごろになりました。

 その後は、場所を市ヶ谷駅前のホテル・グランドヒル市ヶ谷に移して「送る会」が開催されました。

 
 横田先生の基調講演の内容をはじめとする本シンポジウムの詳細な記録は、後日法科大学院の機関誌である「中央ロージャーナル」に掲載される予定です。
 

2010年2月19日 (金)

授業アンケートなるものへのコメントです

どの大学でも最近は「授業アンケート」とかいうのがあって,学生の授業評価をやっています.学生が教師の授業を採点して,それに答えよというのが趣旨らしいです.

それで,私の担当しているある授業について学生から寄せられたアンケート結果についてコメントを書けというので次のような文をまとめました.

せっかく書いたのでここで公表しておきます.

■授業アンケート集計結果に対するコメント
 

もう10年も前のことですが,ある有名な落語家が地方での独演会の途中でグーグー眠りこけているお客に対して,「あーもーやってられない」と言って,その客に出て行ってくれと怒鳴ったそうです.あげくに,客が出て行かなかったのでその師匠は噺を途中でやめて高座を降りてしまったということでして,新聞などでも報道されました.

 その客も横柄なもので,入場料を払っている以上は,落語を聞く権利があるにもかかわらず「出てけ」とは何だと怒って,その落語家を相手取って損害賠償訴訟を起こしたそうです.

 もちろん私の講義は,落語みたいにおもしろくもくそもないのは百も承知ですが,講義中の教員も落語家も話している時のメンタリティーは,ある種の演者としておそらく共通するものがあるでしょうね.

 そこで,講義の時間に次々と遅れて入ってくる学生がいる状況の下で,講義に集中するというのは結構難しいものなんです.まだ精神修行が足りないせいでしょう.その点は自覚し反省しております.

 多分,あの教室の構造上の問題もあるかとは思いますが.つまり,あの教室は,演壇の左右が出入り口になっているのでして,落語で言えば,噺の途中に高座の袖から人間がちょろちょろ入ってきたり,何を勘違いしているのか,噺家の面前に現れて,「今日の出しものはなんだい?」なんて聞いてくるみたいな感じなんですね.
 さすがに有名な真打ちでなくても,前座の噺家に対しても「そりゃーないよ」と思われるでしょうが,あにはからんや,大学の教師に対してはそういうことはお構いなしなんだな.

 10分も20分もいやそれ以上,普通に遅れて堂々と教室に入ってくる学生.
 話している途中に,教卓に近づいて今日のレジュメをくれ!などと,お声をおかけになる学生.
 噺家の世界からみれば,あんまりな状況で授業をやっているのが大学教師だな,こりゃー.

 あんまりなんで,学生相手に小言を言ったりすると,授業アンケートでぼろくそ書かれるんだなまた.たいがいにしてください!お願いです,と頭下げるしかありません.

 あっ,それから,くだんの噺家相手の損害賠償訴訟裁判の結果は,原告の客が敗訴したそうです.カネ払っているから聞く権利がある,だから寝ていようがなにしようが客の勝手だ,という論理は法廷では通用しなかったようですよ.裁判官は,さすがに常識人でよかったです.

2009年9月22日 (火)

ゼミ合宿

20日から今日22日までの間、2泊3日で長野県信濃町の野尻湖畔において法学部のゼミ合宿中である。

総勢26人でバスを借り切って20日の朝に中央高速を北に向かって走り続け、約5時間かかって到着した。その後、夕食前に、2時間、夕食後に約4時間のゼミ報告と質疑応答を行い、昨日も8時半から12時半までの4時間のゼミを行った。

今年のゼミでは、「国際人権、人道秩序の再構築」という共通テーマの下に4つのチームを設け、各チームごとに次のテーマについて順次報告を行った。

Cimg2065

①国連のミレニアム開発目標と初等教育の普遍的達成について

②パレスチナ紛争における人権保障と武力紛争法の解釈適用

③ジェノサイド犯罪に関する旧ユーゴスラビア国際刑事法廷と国際刑事裁判所におけるジェノサイド罪の位置づけなどに関する報告、

④外国人労働者の人権問題

各報告者ごとの多少のばらつきはあるが、総じて見て今後のゼミ論への基礎となる有益な勉強成果を示してくれたものと思う。

今日の午後には、野尻湖畔を貸切バスで出発する。交通渋滞が予想されるため帰着は日暮れをとっくに過ぎているだろう。

2009年9月19日 (土)

夏期集中講義(熊本大学にて)

9月14日~18日まで熊本大学法学部にて集中講義(特殊講義・国際人権論)を行ってきた。1日3時限の授業を5日連続で行うという、聴講する側も、講義を行う側もハードなスケジュールだ。体力がものをいう授業。学生も1日、90分授業を3コマ続けて聴くのは集中力を求められる。

朝、8時40分から1時限目の授業が始まるので、3限目が終わると、その後は若干の時間の余裕がある。熊本市内を散歩したり、最後の18日の授業の後には、元同僚教授の運転で日奈久温泉にまで連れて行ってもらった。Otatemisaki_02

それらの模様は、アルバム写真として当ブログに掲載した。

2009年5月30日 (土)

准教授就任祝賀の宴

 昨日は、多摩キャンパスにて午前中は学部のゼミ、午後は修士課程の授業を行ってきた。学部のゼミもようやくいくらか軌道にのってきた様子。質疑の応酬も見られて今後が楽しみとなってきた。
 夜は、新宿に繰り出し、小雨模様の雑踏の中をすすみ、某所に到着。4月より新任准教授として某大学に着任したSくんの祝賀の会合に出席した。私が直接指導した訳ではないが、同じ大学院で研究指導する立場としてやはり、新進の研究者として院を巣立ってくれることは非常に意義のあることである。
 会には、大学院の修了生と現役で勉強中の院生諸君が10名程と教員、元教員も参加した。冒頭、祝賀のシャンパンの特配があり、その後は祝辞を述べあい、なごやかな雰囲気のうちに時間が経過していった。国際法を大学院で研究を志し、良いポストを得て本当に幸いであった。新任の教員として研鑽を積む日々であろう。後進院生の模範として大いに頑張ってもらいたい。

2008年10月29日 (水)

バンコクのスラム支援活動

明日からタイのバンコクに出かける。

法学部の国際インターンシップという科目の一環で、学生を引率して、国際NGO活動の実践的な現場を体験してくるのが趣旨である。

フランス系のNGOでATD Fourth Worldという団体が受け入れ先となっている。このNGOはスラムや貧困救済のための地道な活動を通じて、途上国の社会開発のいったんを担っている。

世界の貧困問題の根絶は、2000年の国連ミレニアム宣言の主要なテーマである。そこに掲げた、諸目標の達成は先進国の経済金融危機によってますます困難になってくるのではないか。わが国のホームレスやネットカフェ難民の問題もバンコクのスラムの問題も根っこのところではつながっているのではないだろうか。

そうした世界の貧困問題の根底を体験を通じて学生たちが学習する機会になればよいと思っている。

他方でタイの政治情勢も不安定さが続いている。ただし、国王の一族の葬儀が11月に予定されているそうで、それが過ぎるまでの間はタイ国民の国王に対する思慕の念が強いために平常の状態が確保されるだろうという見方が支配的なようだ。

http://www.atd-uk.org/

2008年10月28日 (火)

合格お祝いの会

Ca390038 昨日、新司法試験において国際公法を選択して受験し、合格を果たした法科大学院修了生を招いて、銀座の某所でこじんまりとした合格祝賀の会を開いた。昨晩は、合格して修習の開始を待つばかりのEくん、Sくんが出席した。Mくんも合格していたが、別の用事のためにやむを得ず欠席だった。現役の法科大学院生のほか、現在は新人弁護士として張り切っているMくんも仕事を早めに切り上げて参加してくれた。彼は、法科大学院1期生で、第1回の新司法試験で国際法を選択して合格した人である。

会は7時過ぎに始まり、会場を引き上げたのは11時を回っていたようだ。M弁護士からのシャンパンも特配もあって、グラスを傾けること幾杯にも及んだ。

祝賀会は楽しいものだが、現実には試験は厳しい。国際法は新司法試験の選択科目の中ではきわめて不人気なようであることが気に掛かる。残念ながら、この科目を選択する受験生は少ない。

おそらく様々の理由があって、簡単には言えないが、例えば、①出題範囲が広い、②国際法が国内法の体系とは異なるために全体を掌握しにくい、③将来の法曹専門職との関係が希薄である、④適当な問題集または安直なノウハウを仕込む目的で書かれた予備校本がない!などという理由もあるかも知れない。

思うに、④は別としてもこれらの多くは誤解である。国際法に関心があるならば、基本書を手にとってその内容に接してみてはどうだろうか。あとは講義を聴いてみてさらに意欲がわいてくるかどうか次第である。来年もこうした会に集ってくれる修了生が増えることを望んでいる。

2007年2月 5日 (月)

インターンシップ授業/懇親会

 私の所属する大学の授業では、国際インターンシップという科目がある。オムニバス制で複数の教員が担当する。私もその一員だ。

 2月3日の節分の日に、その打ち上げの意味で懇親会が開かれた。

この授業の特徴は、学生が夏休みに現場で実体験をすることである。ジュネーブ国連の人権活動、ナミビアでの国連環境計画活動、タイの対人地雷除去作業、ロス・アンジェルスの日系人博物館、などに行って研鑽を積んで帰ってくる。また国内の外務省、JICA、国連大学などの協力の下で様々な経験をしてきている。

 もちろん、現場に行くということは重要なプロセスだが、その準備にも相当の時間を掛けている。さらに秋の授業では、実際のインターン体験を報告し合い、最終的には報告集をまとめる。参加する学生だけでなく、協力していただいている様々な組織、団体の人たちのおかげで成り立っている授業だ。

 およそ、私が学生時代には考えられなかった形のすばらしい授業なのだ。

 国際インターンシップ授業用のホームページを立ち上げようという話が起こった。貴重な体験をより多くの人に伝えることは良いことだと思う。そのうち、たぶん実現できるだろう。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カンボジア・集団殺害(ジェノサイド)博物館(Genocide Museum)

  • 供養塔
    カンボジア、プノンペンのジェノサイド博物館の写真  1975年~1979年にかけてカンボジアを支配していたクメール・ルージュ(赤いクメール)政権の下では、現代史上にもまれなジェノサイドが行われ、約170万人の犠牲者を出したと言われている。人道に対する罪を犯した虐殺の責任者を処罰するために、国連とカンボジア司法当局との共同により設置された特別法廷において裁判がようやく開始された。  この裁判では、ポルポト政権の責任者が訴追されようとしている。国際人権・人道法の実施が、果たして確保されるのかどうか、この裁判の行方に注目していきたい。  この博物館は、当時、多数の政治犯等を捕らえ、拷問の上、殺害を実行した場所である。決して物見遊山で訪れるような場所ではない。しかし、かつての忌まわしい行為の実態を知ることにより、人間の愚かさを顧みる意味はあるだろう。 ※一部に凄惨な写真があります。ご留意ください。

ウェブページ